ドライアイス洗浄 洗浄サンプル アイスブラスト
ドライアイス洗浄とは
・従来のブラスト材、例えば砂、水、ガラス、及びプラスチック等をドライアイスペレットに置換したものです。
・ドライアイスの粒子(ペレット)を洗浄装置に投入し、圧縮空気で噴射させて汚れを瞬時に除去します。
・処理は乾燥状態で、非導電性ですから、電気モータや電気回路への使用に適しています。
コンプレッサー
洗浄装置
ドライアイスペレット
洗浄状況

コンプレッサー

(工場エアでも対応可能です)

  洗浄装置   ドライアイスペレット投入   洗浄状況
ドライアイス吹き付けの理論
3つの大きな作用により従来の洗浄システムを遙かに凌ぐ洗浄効果を実現
●運動エネルギー
ぺレットは圧縮空気と流速を高める先進的なノズル設計により、300〜900m/秒の高速で洗浄対象物に衝突。 この運動エネルギーは衝突洗浄に変換され、殆どの汚れはペレットの衝撃で除去します。
●熱(冷却)効果
ドライアイスによる急激な局所的温度低下と熱収縮率の差により、汚れと基材との境界層に引張り力が生まれて汚れが剥がれやすくなります。
●爆発的な昇華(固体から気体に変化)
洗浄対象物に衝突したマイナス79℃のペレットは固体から気体へと瞬時に昇華。 この時、ドライアイスはその体積の800倍の気体へと変化。この爆発的な昇華により汚れは表面から引き剥がされます。
ドライアイス洗浄の適用事例
【対象付着物】 カーボン、オイル、腐食層、アスファルト、インク、にかわ、グリス、ホットメルト、ワックス、樹脂、シリコン、塗料、石綿など
【適用事例】 ◆自動車工場の金型、生産ライン洗浄 ◆造船工場の船舶外壁や機械洗浄
  ◆鋳物工場の鋳物洗浄 ◆ゴム、プラスチックの金型洗浄
  ◆印刷機やコピー機のインク除去 ◆食品工場の生産ライン洗浄
  ◆化学薬品製造工場の洗浄 ◆自動車のエンジンルーム洗浄
  ◆船底塗装剥離 ◆製紙工場の洗浄
  ◆ダンボール加工工場の洗浄
    洗浄サンプルをご覧ください>>